忍者ブログ
2005年11月生まれのミニピン・チャム(♀)とその周辺の出来事を書きます
[136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

肉を食べることについてです。
肉はもとは生きていた牛や豚や鶏です。
どの動物もおだやかで人になんの害を及ぼすことのない動物たち、自分が一緒に暮らしている、インコ、猫、犬たちと変わらない命、なのに殺して食べることに疑問を感じていました。
だけど、肉は食べないと生きていけないし、おいしいし、肉をやめるなんて無理と思っていました、と殺とかそういうことにあえて目を背けてきました。

昨年あたり、と殺の仕方が、なんとなくだけど想像していたのよりずっとずっと残酷なものであることを知って以来、肉はおいしいのだけど、好んで食べたいという思いが100%なくなってしまいました。
また私はある疾患に見舞われ、病気と食生活の関係を考えていました。
で、これまでの迷いに終止符を。
「もう肉は食べない!」と自分の中で宣言しました。

(この場合の肉は豚、牛、鶏などで、魚、乳製品、卵は食べています)
と言っても完璧にはできません。
スープなどに「エキス」として含まれていることが多いです、そして外食などで小さくなって入っていたりします。
その場合は残さずに食べます、ゴミとして廃棄されるのは死んでいった動物にもっともっと申し訳ないからです。

しかし私は他の人に非肉食を勧めようとは思っていません。
娘をのぞいた家族にも肉親にもこのことは言っていません。
ただ、今日、ある方のサイトに行ってすごく共感を覚えました。
下記にURLを貼り付けます。
残酷な動画は私は見れないので見ていませんが、文章だけでもわかると思います。
現状、現実を知ってもらいたいと思いました。
今の私の気持ち、考えを書いてみたいと思いました。
不愉快な気持ちになってしまったらごめんなさい。

LIFE

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
私は高校の頃にホームステイしたイギリスの家庭で、仲良くなった同じ年の女の子がベジタリアンだったのをきっかけに、
大学生の間は非肉食でした(チャムままさんと同じく魚・乳製品・卵はたべる)
その後、人間が食べるために殺されてる命があるならそれを食べないのはよくないのではと考えるようになり(うまく伝えられませんが)今は普通に食べています。
チャムままさんが紹介していたホームページ、早速いってみました。
私も文章しか読めませんが、牛・豚→鶏→魚と徐々に少なくするのを考えてみようかな。
毛皮と化粧品については実行できてますが、
食に関してはなかなか実行できるかわかりません。
でも自分にできることから少しずつやってみようと思います。
yuco URL 2009/03/14(Sat)15:23:35 編集
yucoさん
このような話題に、コメントありがとうございます。

>その後、人間が食べるために殺されてる命があるならそれを食べないのはよくないのではと考えるようになり(うまく伝えられませんが)今は普通に食べています。

私も同じ考えでした、すでに肉となってしまったのなら食べてあげないと・・・と思っていました。

こういう問題は難しいし答えは出ないと思いますが、自分の中で、もう自分に誤魔化しが効かなくなって、ある日、自然に「今から肉をやめよう」思いたち今に至ります。
ブログに書いたとおり完全に絶っているわけではないですが、少しでも減らしたい、の思いです。

最近考えたことです。
1肉の需要があるから畜産業がある
2畜産業があるから肉の需要がある

肉食をやめる以前は「2」の考えでしたが、今は「1」かな。
丁度、ペットショップとペットをショップで買う人たちの問題と一緒だと思いました。
【2009/03/14 19:46】
無題
チャムままさんが紹介されたHP行ってみました
ハートマークつけて“それでも肉、食べますか?”ってあんな動画流して、
「肉食をやめろとは言いません」
って言う、あのHPの製作者の意図がちょっと理解できないです

私は、自分の命がたくさんの命の犠牲の上に成り立ってるってわかってるから、感謝の気持ちを忘れずになんでも美味しく、残さずいただくようにしてます

多分、このスタンスは変わらないです
だって、言い始めたら究極、植物にだって命はある!って所に行き着いちゃいますから…

私が生きてるのはあなたのお陰

その気持ちを忘れないようにしてます
た~ 2009/03/14(Sat)16:12:13 編集
た~さん
このような話題にコメントをありがとうございました。

確かに言われてみればハートマークは意味不明というか配慮に欠けていますね^^;
そして、私も非肉食を勧めるわけじゃないと言いつつ、ブログにこう書き記して発信していることは非肉食を勧めていることと変わらないじゃないか?とも思います。
肉を食べるのやめてよ!とは言いません。
が、肉食について一度考えて欲しいとは思って書きました。

そうですね・・・植物にだって命がありますよね。
このことは自分でも思いますが、過去に他の方からそう言われたとき「そうだよな~」と思って、肉食を続けました。
でも、もう自分に嘘がつけなくなってしまったんです・・・。
すべてを満たそうとするともう死ぬしかなくなってしまいます。
なので、より犠牲を限定、減少しようと思いました。

私たちは何かの犠牲なしでは生きていけないことは真実です。
そのことを意識する、しない、気づく、気づかないは大きな違いです、犠牲に対する感謝の気持ちはとても大切なことだと思います。
【2009/03/14 19:59】
無題
知り合いに生きたものから出来た食べ物は完全に除去して、菜食主義の人がいるよ
そこまで到達するのに数年かかったって言ってたな
きょんちゃん 2009/03/15(Sun)00:57:06 編集
きょんちゃん
完全菜食主義…相当難しいと想像しています、並の精神ではやっていけないと思います。
(私は並未満だ~%E:225%#)
私はそこまでは現時点では考えていませんが、理想と思います。

【2009/03/15 08:10】
無題
食物連鎖の話は難しいですよね。
弱肉強食、それは何にでもあてはまることだと思います。
優しさを忘れてはいけない。
けれど、自分自身が飲み込まれてはいけない。
そのライン引きが優しい人達には
とても難しいことだと思います。

ルクママさんはとてもやさしくて
感受性が豊なのでしょうね。

私もできれば生き物が死ぬことには直面したくありません。だから貝料理は苦手です(唯一自分で手をくださなければいけない料理だから)。
鍋の中であついあついっていってるのが聞こえるような気がしてしまいます。人にいったら笑われますけれど。それと、活け作りも良さが全くわかりません。

お肉も食べないで暮らせたら、生き物たちがみんな幸せに生きていけたら…と思いますが
じゅーじゅー焼けたお肉を目の前にすると
どうしてもおいしくて食べてしまいます。
自分の知らないところで、生き物が死んでいるのは考えないようにしていますが、目の前でグッピーの子供たちが死なないかとハラハラしながら見守っています。

矛盾してますよね。
でもこの矛盾が成り立っているからこそ
生きていけるのだと思います。
そうでなければ、考えて考えて
おかしいことだらけで、とうとう自分が死んでしまうと思います。

ルクママさんのやさしい気持ちは、本当に素敵だと思いますし、そんな風に思っている人がいることは私もうれしいです。

ルクママさんが悩みすぎて
しんどくなってしまわないように…

私はそれが心配です。
こまつだ 2009/03/18(Wed)18:05:50 編集
こまつださん
こまつださん、コメントありがとうございます。

この問題は難しく、また宗教なんかが絡んでくる場合もあるので、タブーな話題でもあります。
私も長年悩みましたが、私がお肉を食べないことで周りに迷惑はかからないと思うので決心した次第であります。
でもこまつださんにご心配おかけして申し訳ないです・・・。
悩みつつ食べるより食べないことにしたほうが私はスッキリして元気なので安心してくださいね^^
そうそう・・・
私もアサリ、シジミ料理が出来ません。
すでに冷凍処理されたものは使います、この辺も矛盾あるんですけどね~。
【2009/03/19 19:06】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク2 親戚さん
KURO & MOUSSE
チャムの親戚のクロちゃんのHPです
アニマルレスキュー・アニマルライツ関係
毛皮は元は生きている動物から無理やり剥がしたものです…
同盟バナー犬中動

不幸な過去を背負ったワンコ、ニャンコが新しいおうちを探しています。ペットショップに行く前に見て下さい!
プロフィール
HN:
チャムまま
性別:
非公開
趣味:
動物 FFⅦ 犬服作り
自己紹介:
Chum(チャム)2005年11月18日出生。
3月29日、某ペットショップにて私と娘に出会い、N家に迎えられる。
ウチにはほかに猫のだんちゃん(1991生まれ)、ブルーボタンインコのインコ(2002年生まれ)、オカメインコのポポ(2003年生まれ)、ジャンガリアンハムスター、金魚2匹がいます♪

リンクはフリーではありません。
当方の了解なしにリンクはしないでください。
最新コメント
[06/12 ジャンヌ♪]
[02/11 犬リーダー]
[02/11 チャムまま]
[01/22 めぐママ]
[10/08 YOU]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
バーコード
フリーエリア

Copyright © Chum日記 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]