忍者ブログ
2005年11月生まれのミニピン・チャム(♀)とその周辺の出来事を書きます
[128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PC http://www.shomei.tv/project-623.html
携帯 http://www.shomei.tv/m/project-623.html

【以下上記サイトより転載】
ヒトの無責任で、日本では1年で30万頭以上の
ネコやイヌが殺処分されています。

それに加えて、日本で実施している二酸化炭素での殺処分方法では
子ネコや子イヌ、年老いたネコやイヌは安楽死することができない場合があります。
すでに欧米では禁止している国も多く、
国内でもすでに7つの自治体が自主的に中止しています。

せめて最低限、安楽死させてあげてほしい。
だから、署名を集めて環境省に殺処分方法の改善を求めます。


注 下線部は「死に切れない」の間違いかと思われます


皆さま、ご協力よろしくお願いします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
聞いたことがあるよ
ガスの致死量...大きな犬は小さな犬に比べ、効きが悪い(書き方が変かもしれないですが)要するに、まだ死に至っていないのに..焼かれる訳です。
下線部の『安楽死することができない』は、生きたまま焼かれてしまいます...のことです。

目をそむけたくなるような事実ですが、本当です。
オリビア 2009/01/29(Thu)23:49:45 編集
オリビアさん
私も別のところで読みました、大きな犬もそうですが、子猫も呼吸が浅いので通常の二酸化炭素では死に切れない場合があると…。
死に切れなかったら…?
ここ(署名お願いのところ)では書かれていませんが、オリビアさんのおっしゃる通りのことなんです…あまりに惨すぎます…。
まさに地獄絵図です。

こういう施設では「安楽死」させていると思っている人が多いようですが二酸化炭素による死は窒息死であり「安楽死」ではないのです…;
あるTV番組でも「安楽死」と表現されていました、正確な事実を多くの人に知って欲しいと思います。
【2009/01/30 00:36】
無題
署名しました。
Junko? 2009/02/23(Mon)19:11:21 編集
Junkoさん
Junkoさん、ありがとう~
【2009/02/26 19:17】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク2 親戚さん
KURO & MOUSSE
チャムの親戚のクロちゃんのHPです
アニマルレスキュー・アニマルライツ関係
毛皮は元は生きている動物から無理やり剥がしたものです…
同盟バナー犬中動

不幸な過去を背負ったワンコ、ニャンコが新しいおうちを探しています。ペットショップに行く前に見て下さい!
プロフィール
HN:
チャムまま
性別:
非公開
趣味:
動物 FFⅦ 犬服作り
自己紹介:
Chum(チャム)2005年11月18日出生。
3月29日、某ペットショップにて私と娘に出会い、N家に迎えられる。
ウチにはほかに猫のだんちゃん(1991生まれ)、ブルーボタンインコのインコ(2002年生まれ)、オカメインコのポポ(2003年生まれ)、ジャンガリアンハムスター、金魚2匹がいます♪

リンクはフリーではありません。
当方の了解なしにリンクはしないでください。
最新コメント
[06/12 ジャンヌ♪]
[02/11 犬リーダー]
[02/11 チャムまま]
[01/22 めぐママ]
[10/08 YOU]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
バーコード
フリーエリア

Copyright © Chum日記 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]