忍者ブログ
2005年11月生まれのミニピン・チャム(♀)とその周辺の出来事を書きます
[129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「小さいほど売れる」とエサも水もやらないペット店

 こんな話を聞くと、ペットショップで売られている子犬や子猫がいかに粗末に扱われているかわかる。ペットショップに勤めていたある女性はこう言う。
「日本はペットに関して変な国で、元気で成長がいい子犬や子猫より、ちっちゃいほど売れるんです。ワンちゃんでいえば、一番売れていくのは生後40~50日の小さいほうからです。店では大きくなり過ぎないように、満足にエサや水を与えないように指示され続けていました。子犬や子猫は当然、元気がなかったり、病気になっていたりするのですが、お客さんはそういうワンちゃんほど”おとなしい”と喜んで買っていきます」
 もちろん、こんなペットショップばかりではないが、欧米では法律で8週齢以下では販売できないことになっている。しかし、日本では生後10日くらいで親と引き離してしまうブリーダーも少なくない。
「犬は生まれてからある時まで親や兄弟と一緒に過ごさないと社会化を学べません。特定の飼い主にしか懐かない、トイレ、ムダ吠え、噛み癖など、しつけがしづらい問題行動が多いのは、販売時期が早すぎるからです」((株)日本ペットショップ協会代表・作佐部和雄さん)
 欧米ではガラスのショーケースに入れて展示・販売することも禁じられている。狭い空間に押し込められたままでは、運動不足から股関節脱臼などの障害を起こしやすいし、ストレスもたまる。展示・販売は虐待ということになっているのだ。

おとなしい子犬や子猫、本当は衰弱かも

 ペットショップに「大安売り」というチラシが張ってあったり、のぼりが立ててあるのを見たことはないだろうか?あれは叩き売りである。
「ペットが一年で一番売れるのはクリスマス前なんです。プレゼントに買うからで、ペットショップは年末を過ぎるとガクンと値引きします。そうでもして売ってしまわないと、大きくなりすぎてますます売れないからです。一方、夏休みやゴールデウィークはみんな旅行に出かけるため。その前は売れません。このときも値引きして売ろうとします。
 まあ、子供連れのお客さんは、子供に子犬や子猫を一度抱かせてしまえば半分売れたようなもの。売れ残っている犬ほど子供に抱かせろというのは、ペットショップの鉄則です」(ペットショップ元店員=前出)
 それでも売れ残ったペットはどうなるのか。
「売れ残ってもブリーダーに返品はできない。段ボール箱に入れて餌や水を減らして衰弱したら、店員が動物愛護センターに持ち込んで引き取ってもらいます」(ペットショップ店員)
 殺処分である。
(つづく)



 うちのチャムはガラスのケースではなく、通路に置かれたケージに入って売られていました。
そこのショップは売れ残っている犬は、そうやって通りがかりに客に触れさせて買う気を起こさせようとしているのです。
そして通路のケージに入っているコたちは、どの子もやたらに人懐こい。
子犬の習性なのか?それとも幼くても彼らなりに「家庭」のコになりたくて必死なのか・・・。

店員はケージからチャムを出して私たちに抱かせました、しばらく、かなり悩むも結局お買い上げ。
思い切りショップの策にハマりました。
もちろん、当時の私でもそれがショップの常套手段であることはわかっていましたが床に置いて少し離れると一目散に私の元に戻ってきて離れようとしない売れ残りの子犬をまたケージに戻すことが出来なかったのです…。
これらすべてショップの狙い通りだったわけですが。


日刊ゲンダイのこの連載を読みたくて夫に買って帰ってくれるように頼んでありましたが、残念ながらこの後はゲット出来ていません。
続きが気になります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
本当にその通り、大きくしないように育ち盛りに餌を与えない、売れないと、、、
涙が出てきます。

うちのあおも4ヶ月でした、
獣医に聞いて殺されるまで後数日だと言われました。
あおをすぐ買いに行きました。

あおは来てすぐ目の手術をしました。
病気も伏せてあったのです。

でも1日でも飼えば可愛いですからね。

ペットショップもブリーダーも早くなくなることを願います。
柚子 2009/01/26(Mon)18:46:21 編集
柚子さん
酷い話です…
成長させないようにするのもそうだし、その上売れ残りのコにそんな惨いことを…私も話を聞いただけで涙が出てきます。。。

あおちゃん…そういう事情があったのですか。
獣医さんは事情に通じているのですね、教えてもらえて、あおちゃん、助かったよかったですが、そのショップは今も営業しているのですよね。
そういう店やパピーミルとかみんな廃業させたいものです。
【2009/01/28 00:20】
無題
先日、ホームセンターに買い物に行った時、そこのペットコーナーでロシアンブルーの仔猫を抱っこする事がありました
生後2ヶ月って言われたんだけど、家にいる猫が我が家に来たのも同じ頃のはずなのに、どうみてもシーザリオよりはるかに小さい
元気に私の腕をよじ登ってきたけど、ちゃんとご飯もらってるのか心配になりました

人間の都合で生み出されて、そして処分されてしまう命
そんなブリーダーたちはいりません
た~ 2009/01/26(Mon)19:05:38 編集
た~さん
私も以前、異常に小さくて、見るからに虚弱そうなミニピンを見たことがあるんです、当時は成長させないように餌を減らすとかそういうことを知らなかったです、にしても元気なさそうなのに、展示したまま…ヒドイなぁと思いました。
ほんと、金儲けしか頭のないブリーダーもショップ、みんな要らないです。
【2009/01/28 00:25】
無題
苦しい記事ですね。

このような話を聞くと、
動物と毎日触れる人たちなのに、
どうしてそんな風でいられるのか
理解にくるしみます。

わたしだったら、かわいそうでかわいそうで
そんなことできないけどなぁ。

人間の都合でこんなことができてしまうなんて
ほんとうにおそろしいです。
こまつだ URL 2009/01/26(Mon)21:33:04 編集
こまつださん
昔はペットショップは動物が好きな人が働くとところだと思っていましたが違うんですよね、これは個人の性格のレベルではなく、もっと巨大な闇が裏にあると知りました…。
ほんと人間って勝手で残酷、自分が人間でいるのも嫌になります
【2009/01/28 08:01】
無題
小さい方が売れるってどれだけ買う側が犬を知らないの?って思ってしまいます。
犬が欲しかったら私は単犬種のブリーダーを捜すのですが、なかなかいないですねえ。
将来的にまたもう1匹と考えてますが、国産血統は遠慮したいなと正直思ってます。
私がミニピンを探し出したのはかなり前なのですが、その時に問い合わせたところで『いつでも産まれてます』って言ってたところが数件あり、正直ビックリしました。
きっとそういうとこの繁殖は何も考えてないとりあえず売れればいいのかなという考えなんでしょうね。

私はたまにペットショップに行きますが、ちらっと生体販売を見ても怖くてしっかり見れません。
抱いてしまったら最後なのは私自身わかってますし。
どうせ買うなら健康な子がいいなと思ってます。
先日、ロンメルの突然死でよりそういう思いが強くなりました。
ちあき URL 2009/01/26(Mon)22:17:15 編集
ちあきさん
ショップで売れ残っているミニピンや迷い犬で保護されたミニピンってたいてい大きいコだな~と気づきました。
人間って本能的に、小さいとカワイイ!と思うように出来ているみたいで、私もそうです…でもそんなコたちを見ると、デカピン、チビピン関係ない!と思います。
成長期に必要な栄養を採れなかったら、将来に及ぼす影響は計り知れないですよね。
餌をろくにやらないショップがあるということは割と最近知りました、この事実を知らされたら「小さいのがイイ」という考えも変わっていくと思います。
本当にみんなに知ってもらいたいです。
ミニピン、国産血統はダメですか・・・
私はそういうことには無知なのですが、欧米の血統のほうが安心確実そう、というのはわかります。
ロンメルちゃんのことは私は少ししてから知ったのですが、突然のあまりのことに言葉が出ませんでした…。
ネットのお友達やそのほかのところからもワンコの突然死の話は結構耳に入ってきます。
無知、無茶なブリードやこの記事みたいなことも原因なんでは?と思います。
ワンコを本当に愛する人にのみ、繁殖・販売に携わって欲しいものです。
【2009/01/28 20:06】
無題
知り合いがペットショップで犬を購入した時に、「売れ残ったらどうなりますか? まさか処分はされませんよね?」と聞いたら、店員さんが笑って「そんなことはしませんよー」と答えたそうです。
……そんなはずはないのに。
まあ、お客様に面と向かって『殺す』とは言えないのでしょうが、笑いながらそんな回答しかできないショップの店員は信用ならないと、その話を聞いていて思いました(^_^;)

ショップのみならず、今のペットブームの裏には恐ろしい実態がいろいろと潜んでます。
なんだか哀しいですよね。人間のエゴをつくづく感じてしまう(ー_ー;)
ヒ~ 2009/01/26(Mon)23:30:32 編集
ヒ~さん
裏事情はやはり表には出てこないと思います。
私もこんなこと噂であって欲しいと今でも思います…。
もちろん、こんなことをするショップばかりではないとは思いますが。
そもそもペットに「ブーム」があること自体に嫌悪感抱きます。
犬種に流行があるのも同様です。
今、保健所やボラさんの里親募集にトイプーやダックスがあふれています、流行に乗って買って、飽きたり、面倒になったらポイ、保健所に飼い主が持ち込むところ、TVでやっていましたね、
職員「死ぬことになりますが?」
元飼い主「構いません」絶句です。
売る方もそうだけど買うほうも完全にモノ扱いなんですね。
ほんと人間って最低な動物です。
【2009/01/28 09:16】
判ってても・・・
いざ、ペットショップに行ってケースに入ってる子を見てると、心が揺れる。。。
そんな消費者がいてるから、繫殖屋やペットショップが儲かるわけで、悪循環極まりないなぁ。。。

やっぱり、ちゃんと国としての姿勢を正してほしいと思うわ。
manalatte 2009/01/27(Tue)00:57:01 編集
manalatteさん
マナラテさんとうちはかなり似た状況でピンを迎え入れていますからね、私も気持ちは一緒ですよ・・・見に行ってはイケナイと思いながら、見てしまう、そしてブルーになってしまいます;

根本的に、人の心がない人間が多すぎなんです。
そういう輩がペット産業に巣くって金儲けしている、飽きたら捨てるか保健所、そんな購買層にしても同様です。
そういうのがまかり通っている日本って国は腐っていると心底思います。
でもこういうトコで愚痴を言うことしか出来ない自分もなぁ・・・。
どうしたらいいのだろう?
【2009/01/28 08:37】
無題
生体販売の改善とゆう声を聞きながら何十年と何ひとつ変わらないって(--#)情けない国です
変わらないどころか悪化してるんじゃないでしょうか!
先日初めて行ったペットショップなど生体販売がメインでケースの子達は1ヶ月を迎えて間なしの子達で泣けてきました
同時に怒りが込み上げてきました
そして愛犬の子供が見たいからなんて理由で行き先も未定なままの安易な繁殖が増えてきてますがもっと真剣に考えてほしいものです
riko 2009/01/28(Wed)08:07:26 編集
rikoさん
生態販売に関しては日本は欧米に数十年遅れていますよね、そしてこの生態の販売システムが欧米並みになるまであと100年かかるとか!?
それまでどれだけの動物たちが犠牲になるのか・・・
1ヶ月くらいのコの販売って確か法律変わって、違反なんじゃないですか?
やっぱり「ザル法」ってやつなんですかね?
こんな法律しか作れないの、情けないですね・・・
今は供給のほうが明らかに過剰なので、繁殖は、業者にせよ、素人にせよ厳しく規制をかけるべきだと思います。(中国の「一人っ子政策」並みに)
そして動物を飼育する側にも免許制を設けるべきだと思います。
業者も飼育側も野放し過ぎると思います。
【2009/01/28 08:45】
レクロも・・・
我が家もワンは初めてで(何の深い考えも無いまま・・)ペットショップでレクロと出会いました。
私は当初ワンを飼うのに乗り気ではありませんでしたので、どーしてもというなら(恥ずかしながら・・・)より小さい仔・よりおとなしい仔を望んでいたような気がします(←完全にアホです)
しかし、配偶者は溢れんばかりの元気の良さを持つワン(おそらく店内一番)がたいそうお気に入りでどーしても抱いたまま離しません。
結局、私が折れてこの仔(レクロ)を我が家の一員として迎える事となりました。現在は彼女も一家の家長として揺るぎなく君臨しておりますが・・・。
あの時σ(-_-)ワタシがショップで言った言葉、この記事内容を誘発してしまう考えでした。今になっては、そんな自分が恥ずかしくてたまりません。
Junko? 2009/02/23(Mon)19:09:31 編集
Junkoさん
Junkoさんがレクロちゃんを迎える前はワンコとの接点がなかったことに驚きを覚えました!
私は幼少の頃から何故だか動物大好きでした、当時(~6歳)は犬猫はおろか小動物も飼っていなかったんですけどね。
レクロちゃんはトド男さんのプッシュでJunkoさんちに来たんですね^^
私もチャムを迎えるまでは、大人しく、吠えないコを望んでいました。
だけど、お迎えするならミニピンって決めていたんです。
矛盾ではなく勉強不足の恥ずかしいヤツでした
今は、Junkoさんも私も
「元気なミニピン万歳
ですよね
【2009/02/26 19:16】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク2 親戚さん
KURO & MOUSSE
チャムの親戚のクロちゃんのHPです
アニマルレスキュー・アニマルライツ関係
毛皮は元は生きている動物から無理やり剥がしたものです…
同盟バナー犬中動

不幸な過去を背負ったワンコ、ニャンコが新しいおうちを探しています。ペットショップに行く前に見て下さい!
プロフィール
HN:
チャムまま
性別:
非公開
趣味:
動物 FFⅦ 犬服作り
自己紹介:
Chum(チャム)2005年11月18日出生。
3月29日、某ペットショップにて私と娘に出会い、N家に迎えられる。
ウチにはほかに猫のだんちゃん(1991生まれ)、ブルーボタンインコのインコ(2002年生まれ)、オカメインコのポポ(2003年生まれ)、ジャンガリアンハムスター、金魚2匹がいます♪

リンクはフリーではありません。
当方の了解なしにリンクはしないでください。
最新コメント
[06/12 ジャンヌ♪]
[02/11 犬リーダー]
[02/11 チャムまま]
[01/22 めぐママ]
[10/08 YOU]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
バーコード
フリーエリア

Copyright © Chum日記 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]