忍者ブログ
2005年11月生まれのミニピン・チャム(♀)とその周辺の出来事を書きます
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遡ること…4月3日(金)
この週はずっといいお天気♪
家でダラダラしてばかりの娘をチャムの散歩に連行。

川べりでランチ(買ってきただけど~)



貰おうと必死…




管理事務所玄関、自動ドア開けて入っちゃったチャム。
入れたけど出られない…
PR
今日は、昨日と違って肌寒い日でした、河川公園の人出も昨日の半分もなかった感じでした。
くぅ~寒いじゃん~と私はテンションダウン気味、だけどチャムは全然OK!元気に走っておりました^^

そしてこれまた元気なキャバリアちゃん(君?)と遭遇。
まだ10か月だそうです、どうりで元気なわけね。
お祖父さんと小3くらいの男の子が連れていらしたんですが、男の子がこれまた元気だったんで…チャムの「吠えスイッチ」がONになってしまいました、吠えちゃってごめんね~



今日はほんとよく走っていました^^






ところで今日、ミクシィにて、ある方の書き込みに、私、いたく感銘を受け、また考えさせられました。
許可を頂きましたので、ここに転載させて頂きます、お読み頂けたら嬉しいです。


転載ここから

自営業を営む叔父が、犬を飼っていますが、
元々は叔父の工場に来るお客さんが、飼っていた犬です。
いきさつはわかりませんが、叔父の所でもう6~7年くらい過ごしています。
幼い頃に目の病気にかかったらしく、ほとんど見えないと思うのですが、
目が見えないなんて思えないくらい歩き回っています。
夏の暑い日には、エアコンの効いてる事務所と外を行き来できるように、
冬は日の当たる場所で日なたぼっこ、寒くなったらストーブのある事務所でヌクヌク、
退屈になったら工場で仕事している叔父を覗いています。

立派な犬小屋にフカフカの毛布、叔父の所で人間からみれば幸せそうな環境ですが、
忘れていない、もしくは忘れられないのです「前飼い主」さんを。
「前飼い主」さんはお客さんなので、ちょくちょく工場に来ますが、
前飼い主さんが来るとそれはもぅ大喜びで駆け寄り、ちぎれんばかりに尻尾を振ってアピールしますが、
前飼い主さんは目もくれず帰って行ってしまいます。

6~7年、快適に過ごしているように見えても
ワンコには前飼い主さんが今もなお「飼い主」のようです。
たった数ヶ月、前飼い主さんと過ごした日々が忘れられないのです。

前飼い主さんが帰って行った方向を見えない目でいつまでも追っている姿を見ると
なんだかやりきれない気持ちになります。
状況に対応できると書いていましたが、そんなに簡単に切り替えできないと思います。

(中略)

皆さん自信をもって言えると思いますよ。
ウチの犬は「幸せ」ですと。
失敗もするし、人間のエゴかもしれない。
でも、犬が私を飼い主と認めてくれてるのなら
そばにいて一緒に日々を過ごしているだけで「幸せ」なんです。

できなくなったのなら、早く、少しでも快適に過ごせる居場所が見つかればいいなと心から思います。
だけど「飼い主」は死ぬまで、トピ主さんですよ。

転載ここまで

【この書き込みの背景、説明】
『団地に引っ越すにあたり5年間飼っていたミニピンを実家に預けましたが、室内飼いしていたのが外飼いとなり(*注1)、可哀想だし、お義母さんが犬好きではなく、他に貰い手を捜して欲しい、と言われてしまいました、どうせなら犬好きで、ミニピン好きな方に貰って頂いた方がいいと思いましてトピックを立てました』(少し要約しました)

(*注1)舞台は温暖な土地です

と言うトピックが立ちました。

まず、非難の書き込み(感情的な言い回しのものが半数)が集中し、それに対して半分キレたようなトピ主さんの反論があったのち、トピ主さんへ理解を示す書き込みがありました。
そして上で転載させて頂いた、書き込みがありました。

最後の方の
『だけど「飼い主」は死ぬまで、トピ主さん』
この言葉が、すごく心に刺さりました。

犬は飼い主にとても忠実な動物というのは一般的にも知られていること、忠犬○○の話はしばしば耳にします、が、ミクシィの中で今日、知ったこの犬の話…切なさで胸が締め付けられました…。
自分のことを捨てたのに、何年も経っているのに、今の飼い主さんのほうがずっとずっと可愛がってくれるのに、それなのに、それなのに…冷たい態度のままの前の飼い主を思い続けている…。
感動…それもそうだけど、むしろショックでした…。

DNAにインプットされた習性なのかもしれません。
人間のような複雑な思考回路がないからなのかもしれません。

でも、それ故に、飼い主は、飼い犬を裏切ることは許されないと思いました。
うまく説明できませんが…打算も何も無い一途な、この動物を裏切ることは道徳的に許されないと感じます。
許されないと言うか、私は、私と飼い犬と、どちらかが死ぬまで離したくない、離れたくないです。

でも、どうにもならない事情や想定外の出来事が発生したりは世の常であり、
また理想を掲げてもその通りに行かないことのほうがずっと多い現実。
それをどう打開していくのか?
今回の件では、トピ主はまだ努力の余地がありそうだ、ってことで非難が集中した模様ですが、トピ主本人も、半ばキレつつも、寄せられた意見を、全部とは言わないけどわかってくれたと思います。


殊更、飼育動物の世界では、きれいごとでは片付けられないことばかりだけど、可哀想な思いをする動物がいなくなることを願います。
そして、私も、今日感じたこの思いをいつまでも胸に刻んで生きていきます。

素晴らしい体験談を投稿し、そして転載を許可してくださった○ーダーさん、どうもありがとうございます。
今週はお散歩にとっても気持ちのいい日が続いています。
河川公園は冬のころには想像できない賑わい振り!
ここの河川敷に、アブラナ科の花が沢山咲いています。
お花畑の中でいっとき夢のような気分味わう私…
こういう場所で、しばらくぼぉ~っとしたり、お昼寝したいなぁ~…
(落ち着きのないコがいるのでムリですが~)




岸辺に流れ着いていたサッカーボール、チャムの方に蹴っ飛ばしたつもりがあら~…また川に入っちゃった


ところで!
去る3月29日、この日はチャムが我が家に迎えられて3年目の記念すべき日でした。
なのに、私ったら、翌々日まで忘れていたんです…
あぁ~なんてこったい

ところが、その日、ミクシィのお友達から迷子札のプレゼントが届いたんです。
記念日ということを贈り主さんは知らないはずなので、偶然なんです、めっちゃ嬉しい~~~
柚子さん、カワイイ迷子札、ありがとうございます


早速つけてます~


チャムと丸々3年間一緒に過ごしたんですね…。
そんなに長い時間を共有していたという実感がないんです。
まだ2年くらいな感じなんですよね…。
30歳を過ぎたころからかなぁ、月日、年が過ぎ去るのがものすごく早く感じます。
連休初日3月20日(金)久しぶりに「近つ飛鳥」へ散歩。

博物館内の食堂でソフトクリームを買う。
お約束のこの卑しい画像をご覧ください…









連休明けの23日(月)ロッキー君、ママさん、お嬢さんと「海ふれ」で遊びました
前日はまとまった雨が降って少々心配でしたが、ドッグランは意外に水はけよくてちゃんと遊べてよかったです。


Sちゃん、チャムのこと沢山可愛がってくれてありがとね~



ロッキー君は空気が読めるお利口さんなので、チャムにはしつこくしないのです。
なのでチャムもノビノビ、マイペースで遊びます。
よって2匹の絡みがない…、ケンカするよりずっといいけどちょっと淋しいですねぇ…

ちょっとしかない接近画像をペタリ^^



草原?でランチ
海ふれでお昼食べるの初めて!嬉しいなぁ~

ロッキー君は私たちが食事中このように静かに「マテ」出来るのに、チャムは食べ物貰おうと必死でした…
いつものことながらチャムがいると食べた気がしません

ロッキー君、足にクッキー乗せています♪



ちょっと寒かったけど、沢山走って、歩いて、食べて、遊んですご~く楽しかった~
ロッキー君のママさん、Sちゃん、ありがとうございました
ロッキー君、またチャムと遊んでね。
相変わらずほぼ毎日、河川公園に通っています^^
3月17日(火)、またまたロッキー君にお会いしました
ロッキー君ママとお嬢さんと少しの間一緒に散歩しました^^

ロッキー君と会うのは4回目、犬見知りのチャムもこんなに慣れました


翌々日また会う約束をしました、楽しみ~♪


約束の3月19日(木)です

河川公園でロッキー君と待ち合わせ。

きのうは暖かいを通り越して暑かった~
半袖の人もいたけどそれで全然OKって感じでした。

3月になって河川公園も人出が激増、2月の平日はいつも駐車場ガラガラだったのに、きのうは臨時駐車場まで稼動しててビックリ。



持来が得意なロッキー君。
フリスビーキャッチも出来るんです、すごい~、羨ましい~。
ロッキー君、「ディスク投げて」って私にグイグイ押し付けてきました、可愛いよぉ~





少しお散歩してからお待ちかねのランチ
「はっぴぃdogさん」にお邪魔しました。

空豆と・・・(確か)ポテトのパスタランチ。
春を彷彿させる明るく、爽やかな印象のパスタ、おいしかったです~。


2匹並んでまた撮影。
ロッキー君は2歳になったばかりの男の子、2歳と言えばヤンチャ盛り、でもロッキー君はとってもお利口さん、だからチャムもすっかり安心しているみたいです。
ロッキー君のママさんにもチャムはすぐに懐きました^^
非社交的なチャムがこんなに心を開いて・・・感動~~~
ママさん、ロッキー君、ありがとうございます
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク2 親戚さん
KURO & MOUSSE
チャムの親戚のクロちゃんのHPです
アニマルレスキュー・アニマルライツ関係
毛皮は元は生きている動物から無理やり剥がしたものです…
同盟バナー犬中動

不幸な過去を背負ったワンコ、ニャンコが新しいおうちを探しています。ペットショップに行く前に見て下さい!
プロフィール
HN:
チャムまま
性別:
非公開
趣味:
動物 FFⅦ 犬服作り
自己紹介:
Chum(チャム)2005年11月18日出生。
3月29日、某ペットショップにて私と娘に出会い、N家に迎えられる。
ウチにはほかに猫のだんちゃん(1991生まれ)、ブルーボタンインコのインコ(2002年生まれ)、オカメインコのポポ(2003年生まれ)、ジャンガリアンハムスター、金魚2匹がいます♪

リンクはフリーではありません。
当方の了解なしにリンクはしないでください。
最新コメント
[06/12 ジャンヌ♪]
[02/11 犬リーダー]
[02/11 チャムまま]
[01/22 めぐママ]
[10/08 YOU]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
バーコード
フリーエリア

Copyright © Chum日記 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]